忍者ブログ
あらしっく・さとしっく・やましっく☆☆((*'∀')ノ 嵐の山コンビがだいすきな管理人による、自己満足のための日記でございます。
«10 2017/11 1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30 12»
[173]  [172]  [171]  [170]  [169]  [168]  [167]  [166]  [165]  [164]  [163
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まおうさん。











ついに終わってしまいましたね。
長いようで、あっというまの3ヶ月でした。
 
 
 
 
わたし、今までほとんどまおうさんの感想については語ってきませんでした。
もちろん山っこネタさえ書きにこれなかったっていう……単純にこの夏は忙しかったってこともあるけれど、
もしたとえものすごぉく暇だったとしても、それでも書けなかったとおもいます。まおうさんに関しては。
 
 
わたしの貧相なボキャブラリーでは、大野さんの演技についてとてもじゃないけど語れない、っていう理由ももちろんありました。
でもそれ以上に、内容がとにかくつらくって、痛くって、感情を言葉にできませんでした……。゚(゚´Д`゚)゚。
 
 
わたしも大野さんと同じように……というか大体の方はみんなそうだとおもいますが
“復讐”っていうものを考えたことがなかったので、はじめ成瀬さんの気持ちは理解できなかったけど
ほんのちょっとの誤解と思い込みが、2人の人生を変えてしまったんだって気づいたら、
もう、毎回涙なしでは見れなくって。
いつもどっちかというと何にでも感情移入しちゃうわたくしですが、このドラマは特にそれが顕著で
毎回、しおりちゃんと同じように成瀬さんが救われることを願い
たいせつなひとを奪われていく直人の苦しみが癒されることを祈り
それはぜったいに叶わないことなんだってわかってても、そう望まざるを得なくって
成瀬さんのまおうっぷりに畏れおののきつつ、いつもはらはらして見てました
 
 
 
 
 
最終回について。
 
結末的には……韓ドラなので、まぁそうだよね、ってかんじではございました。
韓ドラはぜったい人がしぬ!!!っていうのはやっぱ鉄板かなぁ、とはじめからおもってたので…。
しかし、芹沢家も親友たちも、全員お亡くなりになるとはさすがにびっくりでした!!
ドラマ開始前の予告で「生き残るものは――いない。」って言ってたのはまじだったんですね(゚Д ゚;ノ)ノ
おにいさんは予想できたけどおとうさんまであっさり……最終話にしていっぱい死人がでて、ちょっとあせりました(゚△゚lll)
 
直人が家族を想って泣くところも、しおりちゃんが成瀬さんを必死でとめるところも、今回はいつもに増して泣けました、
このあとに悲しい結末が待ってるってかんじてたからかな
 
 
そして、“17分”
 
成瀬さんのあの搾り出すような「僕を殺せ!!」って叫びが痛々しくて苦しくて
直人が友雄の本心に気づいたときの悲しい表情と涙がせつなくて
ただただ涙があふれてとまらなくって
画面が見えなくなりそうでした
 
息絶えた直人に向かって「死ぬな芹沢……!!!」っていう言葉、
あれが、彼のほんとうの気持ちだったんだって、今はおもってます
 
成瀬さん=友雄も直人もこの世を去ってしまったけれど
眠っているかのように寄り添う2人の表情がとても安らかで
きっとやっと、救われたんだなっておもった
最期の最期だったけど、許しあえてほんとうによかったって
 
そうおもったら、涙がとまりませんでした
 
 
2人とも、生まれかわったときには
今度こそ自分のために、自分のしあわせのために生きてほしいなぁって
そう願ってやみません
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
けっこうドラマすきなので今までいろいろ見てきましたけど、こんなにも気持ちを揺さぶれる作品は、なかなかなかったなーっておもいます。
なんていうか……あんまりいい意味じゃなく揺さぶられました(;・∀・)
感動的なものだと、そこから前向きになるきっかけになったり、勉強になったりすることはいっぱいあったけど、
こんなにも苦しく、こころをえぐられるようなかんじでひどく心を痛めることってなかったですよ。
毎週毎週はらはらしてどきどきして、CMに入るたびに張り詰めてる感情を落ち着かせてため息ついて…
 
こんなにも見ることに体力を消費するドラマってなかなかないとおもいます。
もし、大野さん主演じゃなかったら、たぶん見ない内容の作品でした。
基本的にジャンルに関わらずわかりやすいストーリーがすきですし、ハッピーエンドがだいすきな人間なので、こういった明らかにしあわせな未来の見えない内容って……見る前から辛いのでちょっと無理かなー、って。
だけど今は見れてほんとうによかったとおもいます。
なかなか感じることのない気持ちになれたし、憎しみってほんとに虚しいだけだってあらためておもったし
 
それから、ほんとにこのドラマはいろんな伏線が張りめぐらされていたり、
 
ちょっとしたことにさまざまな意味がこめられていたりして
スタッフさんのこのドラマに対するおもいれをすごくかんじたし
そしてそれに応えるかのようなキャストのみなさんの迫真の演技がすばらしくって
いろんな人に愛され、支えられてできた作品なんだなーってつよくおもいました
そういう意味でも、そんな作品に出会えて、よかったっておもっています
 
すこし落ち着いたら、またはじめから、見直してみようとおもいます!
きっと新たな発見があったりして、またはまってしまいそうだけど!!(´Д`;)
個人的に、“赤い部屋”が赤くないときがあって、それがすごく印象的だったなーー
 
 
 
 
そしてとりあえず、大野智は最高で最強だなと心底おもいました!!!!
迫真も迫真、もう単純に“演技”の枠を超えちゃってますよ、彼の場合。
成瀬さんの叫び声がほんとにすごかった……涙もせつなすぎる!!!!!!!
一瞬、凪さまをおもいだしましたよ……大野さんの声って、ほんとうに綺麗でございます。
 
 
 
 
 
 
しかし……放映日から数日経ってしまいましたが、今の今まで、他の方の感想をまったく見てません。
というか、見ないようにしてました(汗)
mixiコミュのまおうトピックがめっちゃあがってて、それを見ないようにするのはなかなかに大変でございました(|| ゚Д゚)
というのも……他の方の感想見ちゃうと、自分が感じたそのまんまの気持ちじゃなくなっちゃう気がして。
とりあえず自分の気持ちをひとつの形にしてから、それからにしようとおもってて。
結局、まったく形にはなりませんでしたが……!!!(´Д`;)
まぁそれはそれで自分らしくていいかなぁと今はおもってます。
いちおう自分の中では区切りがついたので、これからじっくり、感想めぐりに出たいとおもいまーす♪
あっ、でも明日、注文してたサントラを受け取りにいくんだった……
サントラ聴いたら、またまおうワールドに引き戻されることまちがいない……(;゚д゚)
 
 
 
 
最後になりましたが、HPでプロデューサーさんもおっしゃってるとおり、
すごくすごく妥協のないすばらしいこのドラマをつくりあげた、
スタッフ、キャスト、関係者さま、“チーム魔王”のすべての方に、
おつかれさまでした&ありがとうございましたと言いたいです。
 
そして、テレビの前で、成瀬さんや直人と共に心を痛め、泣いた“魔王族”のファンのみなさん。
ほんとうにおつかれさまでした!!!!
 
 
 
 
 
 
ドラマにかかわり、いろんなことがあった3ヶ月でしたが、無事に最終話を迎えられてよかったです。
 
それに大野さんの口から「充実してた」って聞けて、ファンとしてはうれしいかぎりですヽ(*´∀`)ノ
まぁ……彼にとってはこれからが本番ですけどね☆
釣りの!!!!!!!(笑)
遅い夏休み、しっかり満喫できるといいなぁ~~~。
 
 
そしてドラマはにのちゃん♪
ってことは………、やはりあらしさん、タイアップ=新曲でしょうか!!!!????
うーん、きになる超☆☆☆
 
 
 
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
かおりんご
性別:
女性
職業:
山担(笑)
自己紹介:
キャプテンひいき♪
山コンビ担当(!?)です♪♪

●このブログについて

●自己紹介

●前略プロフィール
カウンター(2008.02.25設置)
最新コメント
[07/18 mebae]
[05/19 ミキ]
[03/08 ミキ]
メールフォーム
ご意見・ご感想、お待ちしております。 お気軽にどうぞ☆
Powered by SHINOBI.JP
バーコード
ARASHI PEOPLE
Cotegory by ARASHI PEOPLE
フリーエリア
Copyright © / “りんごちゃん”created by pandacompany
忍者ブログ [PR]